デル(平手智行社長)は5月9日、黒田晴彦氏(元三井物産 IT推進部 副部長)が、5月1日付で新たに最高技術責任者 CTO(Chief Technology Officer)に就任したと発表した。

 黒田氏は、三井物産でChief IT Architectとしてシステム全体のグランドデザイン(ITーLandscape)設計と構築を担当し、同社のIT活用拡大に貢献した。また、アマゾンウェブサービス、SAP、マイクロソフトなどが日米欧など各地で開催するITユーザーコミュニティのメンバーとして活躍している。

 80年に三井物産に入社した黒田氏は、36年間にわたり、同社の要職を歴任。欧州三井物産システム課 General Manager(98年)、経営改革推進部 IT戦略企画室長(03年)を経て、09年にはIT推進部副部長に就任した。

 最高技術責任者 CTO就任後は、デル日本法人が提供する技術とエンド・ツー・エンドソリューションの展開を統括し、総合ITカンパニーとして日本市場でのビジネス拡大の責務を担う。