ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、6月18日に開催される「IoTセキュリティハッキングコンテスト神戸2016」(主催:神戸デジタル・ラボ)に共催すると発表した。同コンテストでは、ミラクル・リナックス 技術本部 サポート部の吉藤英明氏がアドバイザーを務める。

 IoTセキュリティハッキングコンテスト神戸2016は、IoT機器につくりこまれたぜい弱性を探すCTF(キャプチャ・ザ・フラッグ)形式のコンテスト。主催者が用意した複数のぜい弱性をもつIoT機器を参加者に配布し、参加者はそのIoT機器に対して解析を行う。約8時間の開催時間中で最も多くのぜい弱性を発見したチームの勝利となる。IoT機器に組み込まれたぜい弱性の探索をコンテスト形式で実施することで、対策が急がれているIoTセキュリティに関する社会への啓発と、不足するセキュリティ技術にすぐれた人材の創出を目指している。

 ミラクル・リナックスは、組み込みLinuxの開発で培った知見をもとに、OSレイヤでのセキュリティ技術の支援を行う。また、同コンテストへの協力を通じて得られる知見をもとに、既存または新規事業でのIoTセキュリティ分野への取り組みを強化するとともに、セキュリティ技術にすぐれた人材の育成にも注力していく考え。