ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は4月27日、オープンソースの運用統合ソフト「Hatohol」が、GMOインターネット(熊谷正寿会長兼社長・グループ代表)が提供するクラウドプラットフォーム「ConoHa」のアプリケーションイメージに採用されたと発表した。

 ConoHaは、定額制の料金体系でビジネスやトラフィックの規模に応じたシステムを柔軟に構成することができる低コストで高性能な日本発のクラウドプラットフォーム。顧客のさまざまな利用目的に対応して、OSテンプレートやアプリケーションテンプレートを多数用意しており、サービスに合わせたテンプレートを選択することで、サーバー作成と同時にOSのインストールやアプリケーションサーバーの構築を完了することができる。

 今回、ConoHaのテンプレートにHatoholが追加されたことで、ConoHa上で複数のZabbixを利用しているユーザーは、それらを統合して一元的に監視するHatohol環境を容易に構築でき、運用管理負荷を軽減することができる。また、Hatoholのインターフェース(HAPI)を使ってプラグインを作成することで、Hadoopなどの他のアプリケーションとも連携することが可能となる。

 なお、ConoHaの公式チュートリアルサイト「このべん」に、ConoHaのうえでのHatoholの設定方法やHatohol上のZabbix設定に関する手順書を公開した。また、Hatoholの利用者に対して、ブログでHatoholを紹介すると1000円のConoHaクーポンを提供するフィードバックキャンペーンを開始している。