ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、運用統合ソフトウェア「Hatohol」を活用してMicrosoft Azure(Azure)が監視できる「仮想マシンテンプレート」の提供を5月17日に無償で開始した。

 今回開発した仮想マシンテンプレートは、Hatoholと、OSS運用監視ソフトウェア「Zabbix」をベースに開発した統合システム監視ソリューション「MIRACLE ZBX」、またAzure対応のエンタープライズLinux OS「Asianux Server 7」を1クリックで自動構築できるARMテンプレート。同テンプレートに含まれるHatoholには、Azureポータルからアラートを受信するAzure監視プラグインが組み込まれており、仮想マシンそのものの障害やPaaSの障害と、Zabbixで検知したゲストOSの障害情報を一元管理することができる。

 また、Zabbixが事前にセットアップされているため、エージェント監視を始めとしたAzure上の仮想マシンの監視が可能。Hatoholの監視統合機能により、オンプレミスで動作しているZabbixの障害情報を統合できる。さらに、システムや部門ごとにAzureアカウントを分けて運用している場合でも、それぞれで動作しているZabbixの障害情報を統合して監視することが可能となる。