セイコーエプソン(碓井稔社長)とエプソン販売(佐伯直幸社長)は、会計事務所向け会計ソフト「INTER KX 財務会計 R4」と「財務顧問 R4 Professional」のオプションサービスとして、建設・土木業、製造業の工事別(製造別)原価管理に対応した「Weplat 財務会計 原価管理オプション」を6月22日に発売した。

 Weplat 財務会計 原価管理オプションは、建設業(製造業)の原価管理に必要な「現場別工事台帳(製造別原価台帳)」「工事原価一覧表(製造原価一覧表)」「工事別原価経費内訳表(製造別原価経費内訳表)」などを簡単に作成できる会計事務所向けオプションサービス。これらの帳票をもとに、顧問先企業に工事や製造の予算進捗管理や経費内訳をもとにした原価管理の支援をすることが可能となる。建設業での会計業務で、期をまたぐ工事の未成振替仕訳自動作成処理、工事完成時の完成振替仕訳自動作成処理にも対応する。

 また今回、エプソンの会計ソフト「財務顧問 R4シリーズ(会計事務所向け)」と「財務応援 R4シリーズ(中小企業向け)」が、建設ドットウェブ(三國浩明社長)の原価管理システム「どっと原価 NEOシリーズ」とのシステム連携を実現した。どっと原価 NEO シリーズは、建設業で広く利用されている見積受注・予算管理・原価管理・支払請求をトータルに管理できるソフトウェア。「どっと原価 NEO」で自動作成された仕訳データを、財務顧問 R4シリーズと財務応援 R4シリーズに取り込むことで、会計業務の効率化を支援する。

 税別価格は、1ライセンス年額4万円。追加1ライセンスが年額2万5000円。