ラネクシー(竹田昌生社長)は8月9日、AOSデータ(春山洋社長)と協業し、ラネクシーが開発したPC操作ログ収集・管理ソフトウェア「MylogStar」と、AOSデータが販売するマイナンバーの定期検査ソフト「マイナンバーファインダー」を連携すると発表した。

 ラネクシーのMylogStarは、企業内のすべてのPC操作ログを取得することで、不正行為や情報漏えいの流出経路を可視化、業務プロセスの改善に有 効活用できるクライアント操作ログ管理システム。管理対象となるクライアントPCのログオン・ログオフ、アプリケーション、ファイル操作、印刷、アクティ ブウィンドウを記録する。

 一方、AOSデータのマイナンバーファインダーは、証拠調査のフォレンジックサービスを提供するAOSグループのAOSリーガルテックが、フォレンジッ ク技術を使って開発したマイナンバーの定期検査ツール。パソコンの中に保存されているマイナンバーなどの個人情報を検出して、暗号化したり、不要なデータ を完全に消去する。

 MylogStarとマイナンバーファインダーの製品連携によって、マイナンバーファインダーでパソコン内に保存されているマイナンバーをはじめとする 個人情報ファイルの検出が可能となり、「MylogStar Desktop」でのPC操作の証跡管理との合わせ技による、個人情報ファイルのファイル操作証跡の管理を実現する。

 MylogStar Desktopとマイナンバーファインダーは、利用にあたり管理サーバーを必要とせず、監視対象のPCに対して、ピンポイントに導入可能なスタンドアロン型ソフト。ネットワークに接続されていないPC端末や小規模構成のシステムに適した対策となる。