アイティフォー(東川清社長)は、速くて・安心で・安い次世代ネットワークサービス「アイティフォー光プラス」を8月24日に発売した。

 アイティフォー光プラスは、IPv6を用いてNTTの「フレッツ光ネクスト」網内だけで通信することで、インターネットを経由せず企業の拠点間通信を行うサービス。インターネット経由の企業向けネットワークは、インターネットの混雑によるデータ転送の遅延など不安定さの影響を強く受ける問題があった。フレッツ光ネクスト網内で拠点間通信をすることで、インターネットの不安定さの影響を受けず、データ送信の遅延が数十ミリ秒から数ミリ秒へと約4分の1(同社測定)に縮小するため、安定して高速な通信が行える。

 また、インターネットを経由しないため、DDoS攻撃など悪意のある第三者からのインターネットを経由した攻撃にさらされず、安心・安全なネットワークを構築できる。

 フレッツ光ネクスト網内だけで拠点間通信を行い、インターネットを経由しないため、プロバイダ契約の必要はない。拠点ごとに必要なプロバイダ料金が必要なくなり、経費削減につながる。同社の試算では本部1ヵ所と拠点9ヵ所の場合、年間21万円以上の削減が可能としている。