チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(チェック・ポイント、ピーター・ハレット社長)は9月2日、ゼロデイ・フィッシング対策技術を強化した新製品「SandBlast Agent for Browsers」を、今年第3四半期に発売すると発表した。

 新製品は、先進の脅威対策を提供するSandBlastソリューション・ファミリの中核機能である高度なサンドボックスとファイルの無害化機能をブラウザにシームレスに組み込んだ製品。ウェブベースのマルウェアやフィッシング詐欺、ソーシャル・エンジニアリング攻撃など絶えず進化するセキュリティ脅威からユーザーを保護する。また、巧妙な攻撃を防ぐために必要となるエンドポイントのリソースを軽減しながら、リアルタイムの保護を実現する。

 具体的には、プロアクティブなリアルタイムの保護機能では、わずか数秒で再構成した安全なコンテンツをユーザーに転送することで高度なマルウェアの配布を防止する。また、ユーザーの認証情報を狙う未知やゼロデイのフィッシングを動的に分析し、攻撃をブロックする。

 Internet ExplorerとChrome向けに、シンプルで容易に導入できるブラウザ・プラグインを用意。数分でインストールが完了し、最小限の負荷で動作が可能となる。さらに、高度なサンドボックス技術と特許取得済みのCPUレベルの検査技術により、業界トップのマルウェア検出率を実現している。