日本事務器(NJC、田中啓一社長)は10月26日、クラウド型セキュリティ対策サービス「あんしんプラスシリーズ」のメニューを拡充し、「Email Security あんしんプラス」にWeb Security機能をプラスしたクラウド型メール&ウェブセキュリティサービス「Email&Web Security あんしんプラス」を11月に発売すると発表した。

 今回プラスしたWeb Security機能は、トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)の「InterScan Web Security as a Service」をベースとしたクラウド型ウェブゲートウェイ対策サービス。不正プログラムが侵入した場合でも、C&Cサーバーへのアクセス状況などを検知し通信をブロックすることで、セキュリティ対策を実現する。

 Email&Web Security あんしんプラスでは、このWeb Security機能と従来のEmail Security機能の2つの機能で、メールに起因して侵入するスパムメールやフィッシング詐欺などの入口対策に加えて、C&C通信検知などの出口対策も実現。メールだけでなくウェブアクセスもより安全にしたいという要望にトータルに対応する、としている。

 税別価格は、1ユーザー月額600円から。契約ユーザー数に応じてボリュームディスカウント制度も用意している。