フォトロン(布施信夫社長)は12月1日、複屈折マッピング計測装置「KAMAKIRI」向け計測モジュールが、モノづくり日本会議と日刊工業新聞社が主催する「2016年“超”モノづくり部品大賞」で、「日本力(にっぽんぶらんど)賞」を受賞したと発表した。

 “超”モノづくり部品大賞は、日本のモノづくりの競争力の源泉である産業・社会の発展に貢献する「縁の下の力持ち」的存在の部品・部材に焦点を当てた顕彰制度。今回、日本力賞を受賞した部品は、産業用フィルムや板硝子向けの生産ライン、開発試作ラインで使用する計測モジュール(偏光高速度カメラ)。このモジュールを組み込んだ計測装置KAMAKIRIを利用することで、材料内部の光学歪みを全長全幅で計測し、材料の廃棄領域の決定、全長全幅の品質保証、生産条件の最適化、さらには新規開発品の超時短評価を行うことができる。

 従来の点計測装置では、フィルムや板硝子のごく一部のエリアしか検査できなかった。KAMAKIRIによって初めて実現した全面検査により、ユーザーは不具合の早期検知による歩留まり向上や、新製品のリアルタイム評価が可能となる。同製品は、フィルム市場シェアの高い日本メーカーを支援するとともに、有機ELなどの将来デバイス開発への貢献が期待されている。