アイレット(齋藤将平代表取締役)は2月13日、毎週水曜日の午前10時から同社大阪オフィス(大阪市北区)で、IoT導入フェーズでさまざまな課題を抱える企業を対象にした「IoT実践相談会」を開催すると発表した。初回開催は3月1日。

 アイレットの社内には、制御系での開発経験や携帯端末の開発、センサーデバイスのソフト開発などを手がけてきたエンジニアが在籍しているほか、IoTデバイスの接続先となるAWSクラウドに熟知したメンバーが勢揃いしている。主に関西エリアの製造業の顧客から、IoTとクラウド環境に関する相談が寄せられていたことを受け、大阪オフィスで定期開催となる相談会を実施することとなった。

 相談会では、「デバイスとインターネットのセキュアな接続」や「コストの合理化」などの基本的な課題から、「IoTとクラウドの融合」まで、IoT導入に関する課題の解決を目指す。各回の定員は先着1社で、3人まで参加が可能。cloudpackのウェブサイトから申し込むことができる。