NTTソフトウェア(NTTソフト、山田伸一社長)とNTTアイティ(長谷雅彦社長)は合併し、4月1日付で新会社「NTTテクノクロス株式会社」を発足するとともに、NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT、木村丈治社長)の音響・映像に関する事業を統合し、メディア系事業の強化を図る。新会社の発足に向けて、存続会社であるNTTソフトは2月27日開催の取締役会で、NTTテクノクロスの新任取締役候補者を決定し、社長には串間和彦氏(現 NTTソフト代表取締役常務)を内定した。

 新会社はNTTソフトの組織体制をベースとし、NTTアイティとNTT-ATの統合の対象となる組織を含んだメディアイノベーション事業部を新設する。メディアイノベーション事業部は、統合前の各社の事業を継続して実施するとともに組織間での連携を図ることでメディア系事業強化の中核となり、新会社としてのシナジー効果を生み出していく方針。

 NTTテクノクロスの代表取締役社長には、串間氏の就任が内定。新任取締役には、長谷雅彦氏(現NTTアイティ代表取締役社長)、石橋聡氏(現NTTアイティ取締役リモートアクセス事業部長)、端山聡氏(現NTTアイティ取締役映像システム事業部長)、落合一太氏(現NTTソフト理事エンタープライズ事業部長)が内定した。臨時株主総会後の取締役会で正式に決定する予定。