ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長執行役員)は3月7日、東京・神谷町の本社にて記者発表会を開き、新機能「ThreatSync」を含むクラウドベースの新サービス「Threat Detection and Response(TDR):脅威検知&レスポンス」を発表した。

201703071158_2.jpg
登壇したウォッチガード・テクノロジー・ジャパンの根岸正人社長執行役員

 TDRは「WatchGuard Total Security Suite」のパッケージライセンスとして標準提供され、Fireboxアプライアンスとエンドポイントのセンサーからイベント情報を収集、クラウド上の脅威情報共有基盤で相関分析を行い、対処の自動化を図るサービス。これによりネットワークセキュリティソリューションの領域をエンドポイントにまで拡大する。(BCNメディア編成部)