富士通エフ・アイ・ピー(米倉誠人社長)は、流通業界を中心に金融、製造など幅広い業界への展開を見据えたEDIクラウドサービス「TradeFront/6G」を8月8日に発売した。サービスの提供は11月を予定。価格は個別見積りで、今後5年間で250億円の販売を計画している。

 TradeFront/6Gは、同社が提供する国内最大規模の流通業界向け企業間EC/EDIサービス「TradeFrontシリーズ」の後継サービスとなる。従来の流通BMSの基本機能を継承しながら、新たにクラウド基盤上にシステムを搭載することで、その特性を生かし、信頼性・可用性をさらに向上させ、24時間365日、安心・安全なEDI環境を提供する。また、新規の取引先と接続を追加する際、従来はシステムエンジニアが取引先の登録を行っていたが、新たに顧客自身でも簡単に取引先の追加登録から接続テストまで行える「セルフサービス機能」を追加した。接続時の顧客のコストを軽減するとともに、短期間での接続を実現する。

 これに加え、富士通グループのデータセンター間閉域網と接続することで、同データセンター内に基幹システムなどがある顧客は、新たにネットワークを敷設することなく、短期間・低コストで接続が可能。また、閉域網に接続されている各種サービスも簡単に利用でき、安定したEDIサービスを継続的に利用することが可能となる。

 今後、富士通エフ・アイ・ピーでは、EDサービスの提供を通じて、流通業界の発注から受注、決済までの一連の業務をトータルにサポートし、顧客のビジネスに貢献していく。さらに、これまでのノウハウを活用して、金融業や製造業など幅広い業界のEDI業務も支援していく考え。