コニカミノルタジャパン(コニカミノルタ、原口淳社長)とソリトンシステムズ(鎌田信夫社長)は10月2日、コニカミノルタが国内で発売予定の「Workplace Hub」に、ソリトンシステムズの製品を搭載することで合意したと発表した。

 今回の協業は、ソリトンシステムズがもつ「Soliton CloudConnector」と「NetAttest EPS」を、コニカミノルタが開発中の次世代プラットフォームWorkplace Hub上で稼働させることで、中小企業のIT管理者の負荷軽減を実現するもの。

 Workplace Hubは、柔軟な機能追加が可能なクラウドからのアプリケーションインストール、初期投資を最小化する従量課金モデル、強固なセキュリティを維持する内蔵型UTM/Firewall機能、管理者が必要とする情報の一元化と可視化などが可能なAll-In-One型のプラットフォームとなっている。

 Soliton CloudConnectorは、クラウドサービス活用時のセキュリティ強化を目的とした、IDフェデレーション技術を使用した製品。各種クラウドのIDと、社内のAD(Active Directory)との連携と自動同期が可能となる。セキュリティの向上はもとより、シンプルでわかりやすい管理を追及したUIと機能によって、IDフェデレーションに必要とされてきた専門知識が不要で、構築、運用に費やすコストを大幅に削減する。

 NetAttest EPSは、電子証明書を使用したネットワーク認証に必要な機能をオールインワンで備え、正しい端末・正しいユーザーのみネットワークに接続できる安全な環境を実現する。

 Workplace HubとSoliton CloudConnector、NetAttest EPSの3つの機能を組み合わせることで、クラウドとオンプレミスを統合したハイブリッドクラウドの環境を容易に構築することが可能となる。Workplace Hubが、中小企業の“多機能コンセントレータ=HUB”の役割を果たすことで、これまでクラウドサービス利用時のIT管理者の悩みであった、運用ポリシーの統一化、セキュリティリスクの課題を解決すると同時に、運用にかかわる管理者の作業も大幅に低減。これにより、日本国内の中小企業での「高度なクラウド活用とセキュリティの確保」「IT管理負荷の大幅低減」の両立を実現するとしている。