日立システムズ(北野昌宏社長)は11月27日、ドローンの操縦や撮影代行、撮影した画像の加工と診断、データの保管・管理、業務システムとのデータ連携をワンストップで支援する「ドローン運用統合管理サービス」を強化したと発表した。

 強化した機能は、ドローンで撮影した2次元画像(写真)から構造物全体の3次元モデルをクラウド上で生成し、構造物の劣化箇所が全体のどこにあるかをひも付けして管理できる機能。構造物管理時の紙図面から3次元モデルへの移行や、構造物点検時の目視から写真利用への移行などを実現し、点検・管理業務の効率向上やサービス品質の向上を支援する。

 具体的には、世界で多くの実績があるスイスのPix4Dの航空写真測量ソフトウェアの画像処理技術を用いて、ドローンで撮影した大量の画像データから3次元モデルを生成するサービスをクラウド上で提供する。これによって、ドローンで撮影した大量の2次元画像(写真)から、構造物全体の3次元モデルを容易・高速に生成する。さらにオートデスクのAPIプラットフォーム「Forge」と日立システムズが開発した技術により、2次元画像(写真)と生成した構造物全体の3次元モデルとをひも付けて表示する機能を提供する。また、今後、AI(人工知能)などの技術を活用し、劣化箇所を自動的に抽出したり、過去の状態と劣化の差異を比較したりできる自動劣化診断機能も開発していく予定。

 日立システムズでは、日立グループ各社をはじめとするビジネスパートナーと、ドローン関連ビジネスでの連携をさらに強化し、ドローン運用統合管理サービスを拡販することで20年度までに200社以上の導入を目指す。