OSK(宇佐美愼治社長)は12月7日、見積から発注までトータルで管理できる建設業向け見積管理システムの最新版「SMILE BS 2nd Edition POWER見積 Rel.6」(POWER見積 Rel.6)を12月11日に発売すると発表した。税別価格は30万円から。

 POWER見積は、多くの品目と明細で構成される複雑な見積作成が求められる建設業から、サービス業などの鑑・明細形式の高度な見積書式を必要とする業種まで、柔軟に適応可能な見積管理システム。表計算ソフトのようにスプレッドシート状の画面で、階層を表示しながら見積内訳入力ができ、過去の見積書のコピーや外部単価データの取込などの入力支援機能を提供することで、見積作成業務を大幅に効率化する。

 今回発売するPOWER見積 Rel.6では、見積内訳に法定福利費を入力し、帳票に出力できるようにした。法定福利費は、労務費や見積金額からの自動算出、または手動での入力を、運用に応じて選択することができる。さらに、オリジナルの帳票設計時には、法定福利費算出に関する項目を任意に追加することも可能となった。