クラウディアン(太田洋社長)は12月12日、AI(人工知能)処理を高速に行うGPUを内蔵し、ネットワークカメラなどとの給電接続とLTE/Wi-Fi通信機能を搭載する小型装置「CLOUDIAN AI Box(AI Box)」を独自に開発したと発表した。

 AI Boxは、NVIDIA PascalアーキテクチャGPU搭載のNVIDIA Jetson TX2組み込みモジュールを内蔵し、厳しい環境下でも動作できるよう防水防塵性能と落雷対策を備えた全天候と屋内用の小型装置。ネットワークカメラと給電接続(PoE)し、映像・画像の認識、分類整理など、ディープラーニング(深層学習)で開発されたAIソフトウェアの高速処理が可能となる。

 また、LTE/Wi-Fiによる無線インターネット通信機能を搭載しているため、固定回線の手配不要で、「分析結果数値」「認識部分画像」「映像・画像全体」から、目的にあったデータだけを選び、クラウディアンが提供するオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE(HYPERSTORE)」に送り、保存することもできる。4Kカメラなどの高解像度映像を使いAI処理する場合でも、分析結果数値だけを送信することでネットワークの負荷を大きく軽減できる一方で、AI学習用画像の収集が必要な場合には、フレームレートを下げたり、閑散時に送信したりすることもできる。

 クラウディアンでは今後、AI Boxを利用するAIソフト開発企業を広く募っていく考え。AI Boxを使いAIをエッジコンピューティング側でリアルタイム処理しながら、同時に分析結果や学習用データをデータセンター側に持続的に集め、そのデータをHYPERSTOREに大量保存したうえで、GPUサーバーでバッチ処理するシンプルで経済的なAIシステム基盤として、広く利用されることを目指す。