KDDI(田中孝司社長)、日立システムズ(北野昌宏社長)、トミス(戸簾俊久社長)、イートラスト(酒井龍市社長)は12月21日、福島市水道局の協力を得てマンホールの遠隔監視でIoT向け通信規格LTE-M(Cat.M1)の有用性検証を共同で実施したと発表した。

 LTE-Mは、4G LTEネットワークを利用するセルラーLPWAのひとつで、3GPPリリース13にもとづくLTE標準規格。今回の実証実験は、今後水道事業体などで、設備保全や運用をより円滑に進めるための基盤としてLTE-Mが活用されていくことを見据え、技術の検証を目的に福島市水道局と4社で10月に行ったもの。基地局から2キロメートル以上離れた場所にある福島市市街地のマンホール内にLTE-M試験端末を取り付け、LTE-Mによるマンホール内の遠隔監視が可能であることを確認した。

 この実証実験で、LTE-Mの有用性を確認できたことによって4社は、日立システムズとトミス、イートラストが10月に提供を開始した「マンホールの防犯・安全対策ソリューション」で、KDDIのLTE-Mの活用を目指していく考え。