日本オラクル(フランク・オーバーマイヤーCEO)は2月14日、国内でのクラウド需要に応えるため、「Oracle Cloud」のデータセンターを新設する計画を発表した。

 今回、データセンターを新設するだけでなく、業界で最良のクラウド・エキスパートを目指す。その一環として、国内初となる『Oracle Digital Hub Tokyo』をオープンする予定。このOracle Digital Hub Tokyoは、今年中期に、中堅・中小企業、クラウドネイティブなスタートアップ企業向けの営業拠点として、東京都港区北青山の本社内に開設する。マーケティング・オートメーションを導入したデジタル・マーケティング、SNSなどを使ったソーシャル・セリング、ウェブ・カンファレンスによる顧客へのライブ・デモなど、新世代の営業スタイルを推進する。

 なお、米オラクル・コーポレーションでは米国現地時間2月12日に、世界中で新たに12か所のデータセンター開設を発表し、アジア、欧州、北米で利用可能な広範な「Oracle Cloud」サービスの拡大を計画している。オラクルは、データセンターを介して、統合されたData as a Service(DaaS)、Software as a Service(SaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Infrastructure as a Service(IaaS)のクラウド・サービス群、セキュリティ、ブロックチェーン、人工知能(AI)などの新しいサービスを提供する方針。

 今回のデータセンター拡張計画は、日本に加え中国、インド、サウジアラビア、シンガポール、韓国、オランダ・アムステルダム、スイス、カナダの2か所、米国国防省のクラウド・ワークロードを支える米国内の2か所で予定している。