アイビーシー(IBC、加藤裕之社長)は2月19日、組込みシステム技術協会(JASA、竹内嘉一会長)の支援により、安全性向上委員会(漆原憲博委員長)の情報セキュリティワーキンググループとして「kusabiコンソーシアム」を設立したと発表した。

 kusabi(楔)は、ブロックチェーン技術による電子証明システムと、独自のデバイスプロビジョニング技術により、ソフトウェアだけでIoTセキュリティを実現するサービス。今回のkusabiコンソーシアムは、JASA会員をはじめとする企業・団体、有識者の協力を得て、実証実験の対象となるIoTデバイスを拡大し、kusabi(楔)を活用したIoTセキュリティに関する技術の開発・実証と標準化などの推進を目的にした。

 具体的には、PDCAサイクルで運用し、IoTデバイスとOTA(Over The Air)で接続するkusabi(楔)のプロビジョニングサーバーのAPIを同コンソーシアムメンバーと協働で策定することにより、現場のビジネスユースを踏まえて、標準化を図る。また、同コンソーシアムの成果は、外部にもアナウンスしていく予定。

 なお、同コンソーシアムは、設立の目的に賛同する企業、団体、有識者などをメンバーとして構成されており、初年度の幹事企業はアイビーシー、ジェーエフピー、日立産業制御ソリューションズの3社。アドバイザリー(外部の有識者や専門家)は、情報セキュリティ大学院大学の大久保隆夫教授、東京都立産業技術研究センター プロジェクト事業推進部 IoT開発セクターとなる。