アイビーシー(IBC、加藤裕之社長)は、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォームMicrosoft AzureのTCO削減、ネットワーク改善、セキュリティ向上に向けたソリューション「System Answer for Microsoft Azure」の提供を12月12日に開始した。

 新ソリューションは、現在提供している自社製品の性能監視ツール「System Answerシリーズ」と、統合ログ管理ツール「Log Option」を組み合わせ、Azure上で稼働する仮想マシンやネットワーク機能の詳細な情報だけでなく、ハイブリッド環境全体を一元的に管理することができるサービス。System Answerシリーズの性能監視機能に加えて、Azure Monitor APIとの連携により、Azure上で稼働する仮想マシンの詳細な情報を長期的に収集し活用することで、適切なリソース割り当て計画や詳細な監視が可能となる。

 また、Azure Monitor APIでは仮想マシンだけでなく、ExpressRoute、VPN GatewayといったAzureのネットワーク機能に関する情報も取得できる。さらに、System Answerシリーズによる性能監視機能を活用することで、クライアント環境も含めたハイブリッド環境全体を一元的に管理することができる。

 Log Optionは、Azure、Office365だけでなく、マイクロソフトの代表的なディレクトリサービスであるActive Directoryなどを含めた、統合的なログ管理が可能。これにより、分散されるログの横断的、複合的な分析を可能とし、システム全体のアクセス管理だけでなく、標的型攻撃対策といったセキュリティ対策にも活用できる。ログ保存期間もAzure上での稼働であれば、ログの増加はディスク拡張で対応することが可能なため、長期的なデータ保存からセキュリティ監査まで活用することができる。

 今後は、新ソリューションを活用した次世代MSPサービス「SAMS(Speedy Action Management Services)」によるハイブリッドクラウド環境でのトータル運用管理サービスも提供していく予定。