アイビーシー(IBC、加藤裕之社長)は3月26日、IoTセキュリティ基盤サービス「kusabi(楔)」のパートナーライセンスを発売すると発表した。

 パートナー企業が今回のライセンスを購入することで、kusabi(楔)のプロビジョニングサーバーの開発と運用を効果的・容易に実施することができる。パートナーライセンスには、開発ライセンスと販売ライセンスの2種類を用意している。

 開発ライセンスは、kusabi(楔)の電子証明システムを利用するユーザーからの委託に基づき、kusabi(楔)のプロビジョニングサーバーのソフトウェアのカスタマイズ、開発、維持管理と保守を行うことができる。一方の販売ライセンスは、開発ライセンスに基づいて開発したソフトウェアの販売と提供を行うことが可能となる。

 また、同社では、今回のパートナーライセンスの発売にともない、IoTセキュリティの標準化を推進する「kusabiコンソーシアム」の運営形態変更と規約改定を行い、ビジネス要素を含まないことを明確化した。kusabiコンソーシアムは、IBCが幹事企業として直接運営し、アドバイザリー企業や団体、有識者の協力を得て、実証実験の対象となるIoTデバイスを拡大し、kusabi(楔)を活用したIoTセキュリティに関する技術の開発・実証、標準化などを推進していく。