マクニカ(中島潔社長)は4月3日、これまでマクニカグループ各社で展開してきたAI領域でのビジネスを統合し、4月からAIソリューションサービスを始動すると発表した。また、データサイエンスと機械学習プラットフォームを展開する米H2O.aiのVPとして、強いリーダーシップを発揮していたアヴカッシュ チャウハン氏をAIソリューションサービスのリーダーの一員として迎え入れ、新たなAIソリューションの開発を加速する。

 AIソリューションサービスは、大きく3つのビジネスで構成され、マクニカグループのナレッジを集結し、AIを実装する力に長けた顧客のベストパートナーを目指す。1つめのAIパートナーを活用したインテグレーションビジネスでは、製造業での工場のシステムインテグレーションや産業機械へのソフトウェアの組み込みを中心に、センサ、データの収集・加工・分析までをトータルで提供する。今後、製造業に加え、交通インフラ、住宅設備、建設をターゲットに展開。また、AIを活用した自動運転ソリューションとサービスの提供も進めていく。

 2つめの海外パートナー製品を提供するビジネスでは、ネットワーク事業を担うマクニカネットワークスが、サイバーセキュリティ、ネットワーク機器、クラウドサービスを中心に海外の最新ソリューションを輸入、付加価値をつけて販売する。現在、AIに特化した海外の最新ソリューションのポートフォリオ強化に注力するとともに、海外での先行的なユースケースを国内企業に展開し、国内でのAIの活用支援を加速する。

 3つめのビジネスは、マクニカグループが提供するAIに関するコンサルティング・エンジニアリングサービス。マクニカグループ各社のコンサルタントやエンジニアが、グローバルに獲得した知識と経験を生かし、顧客のビジネス課題とAI技術をつなぐことを支援していく。