【ラスベガス発】米オラクルのネットスイート事業年次イベント「SuiteWorld 2018」が、4月23日から26日の4日間にわたり米ラスベガスで開かれた。同社は、2016年11月にクラウドERPベンダーのネットスイートを約1兆円で買収。“オラクル・ネットスイート”ブランドの下、従来のERP事業から独立した事業としてビジネスを展開している。

201804271238_2.jpg
エバン・ゴールドバーグEVP

 25日午前中の2回目の基調講演には、エバン・ゴールドバーグ ネットスイート事業・開発担当エグゼクティブ・バイスプレジデント(EVP)が登場。ゴールドバーグEVPはもともとオラクル出身で、1998年にラリー・エリソン会長兼CTOのアドバイスと出資を受けてネットスイートを創業。買収前はネットスイートの会長兼CTOを務めていた。スピンオフから20年近くの時を経て古巣に帰還したかたちの同氏だが、今回の基調講演ではオラクルとの統合の効果をアピールするとともに、製品・機能開発のロードマップ、ネットスイート製品が目指す姿を解説した。ハイライトとなったのは、AIをERPに組み込む「Intelligent Suite」構想の発表だ。AIを活用してユーザーに新しい価値を提供していこうという流れはERP市場のメインストリームになりつつある。

 ゴールドバーグEVPは、「かなり時間をかけて私の構想を具現化したのがIntelligent Suite。非常にリッチなネットスイートのデータをマシンラーニングやAIで分析することで、ユーザーの皆さんのビジネスの成功に貢献する」とコメント。サービスのかたちとしては、汎用的なAIエンジンを提供するのではなく、ERPにAI・機械学習ベースの機能をネイティブに組み込み、「ビジネスにおける成長に役立つインサイト(洞察)、自動化機能などを実現できるようにする」と同社のスタンスを説明した。

 また、Intelligent Suiteがもたらし得る具体的な効果については、「どんな行動パターンをもつ顧客が支払いができなくなるリスクを抱えているかが予測できたり、離職の可能性が高いハイパフォーマンス人材を指摘したり、サプライチェーンの潜在的な課題を特定し解決策を提示したりできるようになる。プロジェクト型のビジネスの失敗パターンを分析してアラートを出すことも可能だし、Eコマース(ネットスイートはEコマースソリューションも提供している)でレコメンドの精度を高め顧客体験を最適化することもできる。AI・機械学習によってネットスイートのERPやEコマースは新しい価値をユーザーに届けていく」と解説した。

 オラクル傘下で事業を行うことについては、「オラクルの一員になったことで、より成長のスピードを上げることができるのは間違いない。昨日のマーク(・ハードCEO)の話にもあったが、研究開発への投資額も増えているし、両者のクラウドアプリケーション同士の連携からオラクルのPaaS、IaaSの活用まで、全スタックで技術面の連携も進んでおり、シナジーは大きい」と手応えを語った。

 SuiteWorld 2018については週刊BCNで詳報する。(本多和幸)