BCNは5月22日、「夏から冬、家電市場の目玉はコレだ──実売動向と販売現場の変化が産む新しい主役」をテーマとしたセミナーを開催する。

 低迷しているといわれるクロモノ家電だが、市場の動向からは上昇の兆しがみえてきた。本セミナーでは、BCNが集計している大手家電量販店、EC専門店の実売POSデータの分析結果と、「BCN RETAIL」編集部による販売店やメーカーへの取材を通じてみえた現場の状況の両面から、今後の販売戦略のヒントを紹介する。

 第一部では、BCN総研の道越一郎チーフエグゼクティブアナリストが、実売データをもとに、年度末商戦の振り返りと今後の展望を語る。第二部では、BCN RETAILの細田立圭志編集長と日高彰記者が、「モノ」から「コト」へをキーワードに変化を遂げる家電量販店の売り場や、米国の「Amazon Go」を筆頭とする小売店舗のIT化など、販売現場の最新動向を紹介。第三部では、細田編集長がモデレータ、道越チーフエグゼクティブアナリストと日高記者がパネラーとなり、夏商戦、冬商戦に向けた販売戦略のカギについて徹底討論。夏から冬の家電市場を勝ち抜くヒントがここにある。
 
■ 開催日時
2018年5月22日(火)
15:00~18:00(14:00受付開始)
■ 開催場所
BCN 22世紀アカデミールーム
東京都千代田区内神田2-12-5 内山ビル3階
■ 定員
25名(申し込み先着順)
■ 参加費
2万7000円
■ 主催
BCN

会場へのアクセス詳細はコチラ
https://www.bcn.co.jp/about/access/