インターナショナルシステムリサーチ(ISR、メンデス・ラウル社長)は、同社のシングルサインオンサービス「CloudGate UNO」とサイバートラスト(眞柄泰利社長)が提供する「サイバートラスト デバイスID」を連携し、新機能「secured by Cybertrust」として5月21日に提供を開始した。

 サイバートラスト デバイスIDは、日本企業のセキュリティポリシーに欠かせない端末管理の要件を実現するサービス。企業が許可したPC・スマートデバイスのみにデバイスIDを配布・インストールすることが可能なため、私物端末など、許可されていない端末からの企業リソースへの不正アクセスを防止する。

 今回リリースするsecured by Cybertrustは、CloudGate UNOの管理者サイトからデバイスIDの発行・配布、失効までをワンストップで運用することが可能となる機能。これにより、企業の管理者は、複数の管理画面での操作が不要となりメンテナンス時の負荷軽減を図ることができる。

 また、強固なアクセスセキュリティを手間をかけずに実装することが可能。G SuiteやOffice 365をはじめ、さまざまなクラウドサービスへのアクセスを、デバイスIDがインストールされている端末のみに限定することができる。

 なお、これまでCloudGate UNOでデバイスIDを利用する場合は、別途サイバートラストからデバイスIDを購入する必要があったが、今回の両社の協業強化により今後はISRがデバイスIDの販売も代行するため、利用者はCloudGate UNOとデバイスIDをISRから一括購入することが可能となる。