NTTテクノクロス(串間和彦社長)は5月24日、スマートフォンの電話帳を起点としたコミュニケーションサービス「ProgOffice Enterprise(ProgOffice)」のコンプライアンス対応促進を支援する新バージョンの提供を6月8日に開始すると発表した。

 ProgOfficeは、スマートフォンなどのモバイル端末に電話帳情報といった個人情報を登録せず、クラウドに情報を保持することで情報漏えいを防ぐ機能を備えたビジネス電話帳。端末に保存する情報や連絡を制限することで、企業のコンプライアンス推進と効率的な業務コミュニケーションの両立を支援する。

 新バージョンでは、管理者が各ユーザーのモバイル端末に登録している情報がないかを遠隔から検知できる。また、ProgOfficeからの通話履歴やSMS(ショートメッセージサービス)でのやりとりを管理者が把握できるため、個人情報漏えいを防ぐ運用の徹底が可能となる。

 また、経済産業省のセキュリティガイドラインに準拠しており、金融・保険業界のようなとくに厳しいセキュリティレベルを担保しながら、モバイル端末活用による業務の効率化と働きやすい環境を推進する。

 税別価格は、1ライセンス月額500円。年間契約で、100ライセンス以上からの契約となる。