ecbeing(林雅也社長)は6月4日、クラウド型ECプラットフォーム「mercart」の提供を開始すると発表した。

 mercartは、充実したecbeingの基本機能を必要に応じオプションとして選択できるクラウド型ECプラットフォーム。EC事業者は、自社のビジネスに必要な機能のみを選択することで、構築コスト、運用コストを抑えることができる。

 また、システムの自動バージョンアップが可能となり、フロント機能、バックオフィス機能のカスタマイズにも対応、基幹システムをはじめ外部システムとのカスタマイズ連携も行うことができる。

 mercartは、ecbeingが運営するクラウド環境でサービスを提供する。これにより、情報セキュリティの認証基準ISMSを習得、クレジットカードセキュリティの国際基準である「PCI DSS」準拠、LACとの包括契約によるセキュリティ診断をはじめ、パッケージ製品であるecbeingと同様の高水準なセキュリティの提供が可能となっている。