チエル(川居睦社長)は6月22日、Chromebookに完全対応したクラウド型授業支援システム「InterCLASS Cloud」の販売を、米国を中心とした海外のChromebook導入教育機関を対象に開始した。

 InterCLASS Cloudは、Google Chromeウェブブラウザ上で動作するクラウド型授業支援システム。教員は、いつでも、どこでも、Google ChromeウェブブラウザからInterCLASS Cloudにアクセスすることで、授業で必要なすべての機能を利用できる。従来の授業支援システムのように、教員端末へのソフトウェアのインストールやサーバーを準備する必要がなく、低コストでの導入を実現する。

 G Suite for EducationやGoogle Classroomとシームレスに連携。Google Classroomのクラス情報をそのままInterCLASS Cloudで利用できるため、授業で利用する端末登録などの煩雑な設定や、ユーザーアカウント登録などの生徒情報の管理をすることなく、導入後すぐに授業で利活用できる。

 また、先生画面の送信による一斉授業、生徒のChromebook画面の集約や共有による協働学習、操作ロックによる先生の説明への注目、授業で許可したウェブサイトへの閲覧制限、タスクの提示など、先生が授業中に必要で便利な機能をクラウドで提供する。G SuiteやGoogle Classroomと併用することで、先生が求める授業支援環境を実現する。

 同社では、海外の教育機関で進められている教育ICT環境のクラウド化に適合するべく、InterCLASS Cloudを普通教室でのモバイル端末活用のためのクラウド型授業支援システムとして、また、昨年11月に発売したCaLabo Cloudはクラウド型CALLシステムとして位置づける。これにより、海外の普通教室モバイル端末整備市場と語学教育市場の両市場に向けて、クラウドサービスを中心とした製品展開を加速していく方針。