日立システムズ(北野昌宏社長)は7月17日、航空測量大手のパスコ(島村秀樹社長)と協業し、ドローンによる3次元測量を支援するサービスの提供を9月に開始すると発表した。価格は個別見積もり。

 新サービスは、日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス」を通じて、パスコが開発した現場支援アプリケーション「PADMS-SmartSOKURYO」を、全国の建設会社や測量会社向けに提供するクラウドサービス。土木工事でドローンを利用して3次元測量を行う際に、フライト準備からフライト終了後まで、ドローン空撮を正しく行うための現場作業を支援する。

 具体的には、タブレット端末上で、作業計画に基づいた作業項目を提示するとともに、音声ナビゲーションにより、漏れなく作業を実施することをサポートする。対空標識を設置する際には、GPS機能により撮影計画通りの場所へ設置することを支援する。撮影終了後は、タブレット上で撮影角度や枚数に不備がないか、焦点がずれた写真がないかをその場で確認でき、必要に応じて取り直しを行うことができる。

 これにより、撮影計画に基づき、正しい手順通りに撮影を行い、要求精度を満たす3次元測量データを容易に作成することが可能となる。また、遠隔地にいる管理者が現場の作業状況を即時に把握できるリアルタイム情報共有機能やフライト実施後のレポート作成を支援する機能も備えている。これらの機能を、日立システムズのクラウドで提供する。

 なお、同サービスは、「JUAVAC ドローン エキスパート アカデミー」の測量基本技術コースのカリキュラムに採用されることが決定しており、実際の現場で同サービスを適切に活用するスキルの習得を支援する。