NTTテクノクロス(串間和彦社長)は7月26日、Microsoft Azureに特化したISMSクラウドセキュリティ認証取得を支援する「Microsoft Azure利用事業者向けISMSクラウドセキュリティ認証取得コンサルティング」を7月30日から提供すると発表した。

 新サービスでは、NTTテクノクロスが、日本マイクロソフトと協力して、ISO/IEC27017:2015に沿ってMicrosoft Azureのセキュリティ機能やセキュリティ対策をまとめたレファレンス文書を開発し、認証取得に向けた情報の整理や監査対応支援などを実施する。

 具体的には、Microsoft Azureに特化したISMSクラウドセキュリティ認証取得のためのレファレンス文書を提供。Microsoft Azureを利用する事業者は、NTTテクノクロスのコンサルティングサービスにより、Microsoft AzureのISO/IEC27017:2015に沿った各種セキュリティ機能やセキュリティ対策の確認作業を、これまでのような莫大な時間や労力をかけることなく行うことが可能となり、スムーズにISMSクラウドセキュリティ認証取得の準備を進めることができる。

 また、今回のレファレンス文書は、国内で初めて日本マイクロソフトの協力を得て開発したものとなる。日本マイクロソフトとの連携によるノウハウにより、Microsoft Azureを利用する事業者の確かなISMSクラウドセキュリティ認証取得をサポートする。

 税別価格は290万円から。コンサルティング費用には、Microsoft AzureのISO/IEC27017:2015対応レファレンス文書、クラウドセキュリティ認証 基本コンサルティング、内部監査フルサポート、審査同行、メール/電話問い合わせ対応が含まれる。