NTTテクノクロス(串間和彦社長)は7月18日、個人情報を分析データとしての価値を失わずに、プライバシーを高度に保護したまま利活用できるように加工する「匿名加工情報作成ソフトウェア」を7月25日に発売すると発表した。税別価格は、5ユーザーあたりの年間サブスクリプションライセンスで60万円から。

 匿名加工情報作成ソフトウェアは、NTT独自技法などの先端的な技法を含む豊富な加工技法や評価技法を活用し、加工技法の操作や評価結果の表示を使いやすいグラフィカルユーザーインターフェースで提供する。これにより、利用者は匿名性と有用性(元データの特徴が保持された状態)を両立させた匿名加工情報を作成することができる。

 具体的には、NTTが独自に開発した手法である「Pk-匿名化」を実用化し、同ソフトウェアに搭載。匿名性の代表的な指標であるk-匿名性を満たすようにノイズ(疑似データ)の付与やデータの入れ替えを行い、データの有用性が損なわれにくい匿名加工情報を作成する。

 また、直観的な画面操作により、38種類の加工技法のなかから実行する加工技法を組み合わせ、匿名加工情報を作成することが可能。ソフトウェアはWindows10にスタンドアロンでインストールできる。さらに、加工済みの匿名加工情報は、13種類の評価技法により匿名性と有用性のバランスをグラフで確認することができる。このグラフを参考にしながら加工技法の組み合わせを変えることで、独自の加工ルールを設定していくことが可能となる。