アイビーシー(IBC、加藤裕之社長)は、システム情報監視ソフトウェア「System Answer G3」のクラウド型サービスとして「System Answer G3 on SAMS」の提供を8月30日に開始した。

 従来型のソフトウェア製品を資産として自社で購入する場合、ソフトウェアの導入や規模の拡張、日常のメンテナンスに費用や工数がかかるといった点が問題視されることがあった。今回、クラウド型情報監視サービスとしてSystem Answer G3 on SAMSを提供することで、簡単、迅速、安価にシステムの監視や分析を行うことが可能となる。

 サービスでの利用となるため、機能はソフトウェアと同じものをそのままに、顧客のシステム環境の規模や要件に応じて柔軟に、資産をもつことなく、システムの監視運用を実現することができる。また、クラウド型サービスならではの1か月単位での月額利用により、必要な分だけ費用が発生するため、ソフトウェアを年間契約するよりもコストを削減することもできる。

 IBCでは、ソフトウェア購入によるシステム監視を行えない顧客に、クラウド型サービスを提供することで、さらに多くの顧客でSystem Answer G3を活用した情報監視が実施できるようになると考えている。