ラネクシー(竹田昌生社長)は、米Accusoftが開発した画像処理ソフトウェア開発キットの最新版「ImageGear for .NET V24」と「DICOMGEAR for .NET V24」を9月5日に発売した。税別価格はImageGear for .NET V24が46万8000円、DICOMGEAR for .NET V24が62万4000円。

 ImageGear for .NETは、Visual Basic、Visual Studioでも使用可能なアプリケーション開発者向けの高速画像処理コンポーネント。年々更新されていく画像ファイルフォーマットへの対応や画像処理技術をAPIで提供しており、簡単・低コストで最新の画像処理プログラムを作成することができる。

 今回の新バージョンでは、CADファイルに関連するさまざまな機能を追加しており、CADファイルをPDFなどの画像や3D PDFへ変換できる機能を実装した。また、最新のAutoCADファイル(2018)をサポート。これにより開発者は、ImageGear for .NET V24でCADファイルに対する画像処理アプリケーションを効率的に開発することができる。さらに、HTML5ビューワを導入し、45種類以上のファイル形式(Office、PDF、CAD、DICOM、JPEG2000など)の表示や画像処理が可能となり、ウェブビューイングソフトウェアも簡単に開発できるようになった。

 ラネクシーでは、今後も国内外の革新的で高付加価値なソフトウェア製品のリリースを計画しており、アプリケーション開発者に向けた高品質な画像処理ソフトウェア開発ツールを提供していく予定。