ラネクシー(竹田昌生社長)は、米Accusoftが開発した高精細・多機能ビューイングエンジンの最新バージョン「PrizmDoc V13」を7月11日に発売した。

 PrizmDocは、Office文書、PDF、CAD画像など、さまざまな種類のファイルをサーバー上で変換し、ウェブブラウザで表示させるビューイングエンジン。ユーザーごとに専用のアプリケーションをインストールしなくても300種類以上のファイルフォーマットのドキュメントを閲覧できるため、アプリケーションライセンスの費用を大幅に削減できる。また、表示するドキュメントをクライアントPCにダウンロードする必要がないため、セキュリティの向上とストレージコストの削減も可能となる。

 今回の最新バージョンでは、Microsoft Wordドキュメントに対して、文章などの編集差異を簡単に確認できる文書比較機能を提供する。ドキュメントの比較方法は、新旧のドキュメントに対して、フォントの違いや単語・段落の追加や省略など、書式変更に関する差異をマーカーや異なるフォントカラーを利用することで、ウェブブラウザから視覚的に把握することが可能となる。

 また、サポート対象のOSとしてWindows Server 2016とUbuntu 16.04を追加したほか、Microsoft Office文書の読み込みの高速化とタブレットやスマートフォン使用時にマルチデバイス用ビューアの操作性を向上した。これにより、最新サーバー環境でPrizmDoc運用を可能とし、利用者は快適なウェブブラウザによるドキュメントの共有・確認を実現できる。

 税別価格は49万8000円。なお、現行バージョンのPrizmDoc V12は、8月31日で販売は終了となる。同社では、今後も国内外の革新的で高付加価値なソフトウェア製品のリリースを計画しており、アプリケーション開発者に向けた高品質な画像処理ソフトウェア開発ツールを提供していく予定。