オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は10月3日、販売管理システム「商奉行クラウド」を10月9日に発売すると発表した。

 商奉行クラウドは、販売管理業務をフルカバーし、クラウドの強みを生かして業務生産性向上を支援する。サーバーやネットワーク機材が不要なため、従来のサーバーやネットワーク機材のコストを抑えて手軽に拠点間運用が可能。いつでもどこでも使えるため、営業が外出先ですぐに受注や売上などを参照・分析でき、取引先からの問い合わせにも迅速に回答できる。また、遠隔拠点の担当者とも同時並行で業務ができ、負荷分散とスピードアップで生産性の向上を実現する。

 受注・売上・請求・入金・売上分析までカバーし、データがつながることで二重入力を削減する。今後発売予定の「蔵奉行クラウド」やAPIで他システムとつながり、さらなる生性向上を支援する。消込処理や受発注、売上仕入同時処理、入出荷管理など、業務を効率化する機能をオプションではなく標準機能として搭載し、幅広い業務を網羅することでバックオフィス業務を徹底的に省力化する。

 また、制度改正に悩まされることなく、消費税10%、軽減税率、経過措置はもとより、23年から導入される適格請求書等保存方式(インボイス方式)に対応。クラウドであるため常に最新のシステムを利用でき、法改正の継続対応を保証する。税別価格例は、「商奉行クラウドi Aシステム」が年額15万円から。