オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は9月19日、国内約1200の金融機関と連携し、入出金明細から仕訳伝票を自動化するSBIビジネス・ソリューションズ(夏川雅貴社長)の「MoneyLook for 奉行クラウド」の提供を10月末から開始すると発表した。税別価格は年額2万4000円。

 MoneyLook for 奉行クラウドは、各インターネットバンキングの入出金明細データを取得し、「勘定奉行クラウド」とシームレスに連携して入出金伝票を作成する。これにより、入出金明細に関する仕訳処理の手間を大幅に削減でき、正確・スピーディな経理業務を支援する。また、ウェブ上で登録された複数の法人口座の残高や利用明細を一元管理でき、各インターネットバンキングにアクセス・ログインする手間を省くことができる。今後は、より安全・シームレスな連携の実現に向けて、各金融機関とのAPI連携機能を順次提供していく予定。

 また、MoneyLook for 奉行クラウドは、複数の強固な暗号化方式などを施しており、大切な取引データを安全に管理することによって、安心して入出金業務が行えるセキュリティー環境で提供する。