日中デジタルビジネス協会(沈高平・代表理事)は10月30日に都内で、東アジア地域に進出する日系企業をサポートするBCNとの共催で設立記念パーティーを開催する。

 日中デジタルビジネス協会は、デジタルビジネスにフォーカスしたイノベーションプラットフォームを提供し、最新のIT技術を活用した新たなビジネスモデルの創出を検討する企業の発展と、日本・中国の地域経済の発展に寄与することを目的として、今年5月に設立。会員に対する商務、税務、法律、IT、金融に関するコンサルティング事業や、会員企業・団体間の相互交流のための事業、セミナー・講演会の実施、日中デジタルビジネス促進に関する事業を手掛ける。

 具体的には、会員間のテレビ会議の提供や通訳支援など、オンラインを中心とした会員間のコミュニケーションの支援を提供する。また、会員の相互交流会の開催、年に一度の海外視察の実施なども予定している。

 当日は、来賓として中国大使館経済商務処をはじめ、日本の関連団体と企業、デジタルビジネス分野において日中間の懸け橋となる関係者も多く参加する予定だ。


■ 開催日時
10月30日(火)17:00~19:00
(受付開始16:30~)
■ 開催場所
アークヒルズ クラブルーム
〒107-6090 東京都港区赤坂1-12-32
アーク森ビル イーストウィング37F
■ 参加費
無料(事前登録制)
■ 主催
日中デジタルビジネス協会
■ 共催
BCN