ソフトブレーン(豊田浩文社長)と名古屋銀行(藤原一朗頭取)は11月12日、名古屋銀行の取引先企業の営業面での業務効率化に向けた支援のために、顧客紹介業務について提携したと発表した。

ソフトブレーンと名古屋銀行が業務提携

 ソフトブレーンは、1999年に営業支援システム「eセールスマネージャー」を発売以来、システムを活用した営業の仕組みづくりと、営業のコンサルティング、トレーニングによる型づくりで6700社を超える企業の営業課題解決を支援してきた。

 今回、名古屋銀行と提携し、同銀行が有するネットワークを活用して、中部エリアの企業にeセールスマネージャーや営業講座「プロセスマネジメント大学」を提供することで、企業の営業活動の可視化や情報共有体制を整え、営業体制の構築や働き方改革に向けた支援を行っていく。

 ソフトブレーンと名古屋銀行では、今後も顧客の課題解決・地域活性化の役に立つ施策に取り組んでいく考え。