ecbeing(林雅也社長)は、中堅大手向けECサイト構築パッケージ「ecbeing」で構築したECサイトとして、Amazon EchoシリーズなどのAmazon Alexa搭載デバイスで音声による注文を可能とするAlexaスキルへの対応を、ビジョナリーホールディングスの中核企業であるメガネスーパー(星崎尚彦社長)で11月27日に開始した。

 これにより、11月1日以降にメガネスーパーグループ公式通販サイトでAmazon Payの利用と合わせて新規会員登録を行い、コンタクトレンズやケア用品などを注文したことがある顧客を対象に、音声だけで前回購入した商品と同じ商品の注文が可能となる。顧客は、例えば、自宅で家事や朝の身支度をしながらでも、商品を注文したい時に、スマートフォンを使用せず音声による「ながらショッピング」を利用できるようになる。

 ecbeingは、Amazon Payの公式認定制度である「グローバルパートナープログラム」のPremier Partnersとして、今回、国内初の事例の1つとしてAlexaスキルへの対応を実現した。
 

 音声ショッピングの「Vコマース」は米国などで先行しているが、メガネスーパーがVコマースを開始することで、今後日本国内でも浸透していく可能性は高い。ecbeingでは、Vコマースを通じて顧客がより便利にネットショッピングができるよう環境作りを進めていく方針。