ネットジャパン(蒋冠成社長)は、タンベルグデータ(エリック・エル・ケリー代表取締役)のバックアップ用のディスクベースのカートリッジ「RDX QuikStor/QuikStation」専用に共同開発したバックアップツール「ActiveImage Protector 2018 for RDX」を12月10日に発売した。

 ネットジャパンのActiveImage Protectorは、OSやアプリケーションを含め、ハードディスクを丸ごとイメージとして内蔵/外付けのハードディスク、USBメモリー、NAS、ネットワーク共有フォルダなど、さまざまなストレージにバックアップできるツール。一方、タンベルグデータのRDXシリーズは、テープ装置とHDD装置の両方のメリットを兼ね揃え、バックアップ用に使用できる取り外し可能な、大容量ディスクベースのカートリッジとなっている。

 今回両社が協業することにより、ActiveImage Protectorの高速で確実なイメージングバックアップ/リカバリー技術と高い操作性、タンベルグデータのディスクカートリッジによるテープバックアップと同等のオペレーション性、アーカイブ性、堅牢性を融合し、ユーザーに両方の利便性を提供できるようになった。

 共同開発したActiveImage Protector 2018 for RDXは、バックアップ完了時にカートリッジを自動排出する専用のスクリプトを搭載しているため、カートリッジの交換忘れ、それによるディスク容量の不足などの事態を未然に防ぐことができる。さらに、カートリッジに保存した大容量のデータを別拠点に持ち運びできるポータビリティにもメリットがある。

 今後、両社では、それぞれのノウハウやテクノロジーを生かし、ユーザーに対して、先進的なソリューションの提案やサポートサービスを提供していく考え。

 税別価格は、製品単体が13万1900円。RDXとのバンドル製品「RDXドライブwith ActiveImage Protector 2018 Server for RDX」(Windows用)が13万2000円、「RDXドライブwith ActiveImage Protector 2018 Linux for RDX」が13万2000円。