ネットジャパン(蒋冠成社長)は、NECのHAクラスタリングソフト「CLUSTERPRO」に対応したシステムバックアップ/ディザスタリカバリーソリューションの新版「ActiveImage Protector 2018 for CLUSTERPRO」を10月19日に発売した。また、「CLUSTERPRO X」に、「ActiveImage Protector for CLUSTERPRO」をバンドルした「ActiveImage Protector 2018 plus CLUSTERPRO X」も同日に発売した。

ActiveImage Protector 2018 plus CLUSTERPRO X

 ActiveImage Protector for CLUSTERPROはNECとの協業により、サーバー高可用性を実現するNECのCLUSTERPRO向けに開発したバックアップソリューション。今回リリースする新版は、数あるバックアップ製品の中で唯一NECの「CLUSTERPRO X 4.0」に対応した製品となっている。

 また、ActiveImage Protectorを集中管理するためのコンソール「ActiveVisor」の最新版にも対応したことで、リモートから複数のサーバーやクライアントPCへのActiveImage Protectorのプッシュインストール、バックアップ設定の一括適用、バックアップステータスの一元管理が可能となり、バックアップ運用管理を大幅に効率化できるようになった。

 さらに、システムがクラッシュした場合には、ファイル復元機能を使うことで、バックアップイメージから指定したファイルやフォルダーをActiveImage ProtectorのGUI上で、個別に復元することができる。このほか、USBメモリーに加えて、USBハードディスクで起動する復元環境をユーザーが作成できるようになった。