BlackBerry(本社・カナダ、ジョン・チェンCEO)は12月12日、「Security Credential Management System(SCMS:セキュリティ証明書管理システム)」を発表し、スマートシティの実現や高度道路交通システムの構築を促進する官民の連携の取り組みに対して、積極的に支援していくことを明らかにした。あわせてスマートシティやコネクテッドカーのパイロット計画に関与する自動車メーカーや官公庁を対象に、無償のSCMSサービスの提供を開始した。

 SCMSサービスは、BlackBerryのCerticom技術をベースとしており、セキュリティーと信頼性に優れたホスト型の公開鍵基盤(PKI)を提供することで、企業やエコシステム全体に代わって証明書を管理できる。同サービスは優れた拡張性によって、国内または国家間の導入環境にも対応しており、自動車メーカーや官公庁はクラウドベースのターンキー型サービスを活用することで、車車間・路車間(V2X)通信の証明書発行とライフサイクルの管理に対応できる。BlackBerryは、自動車の大量生産に最適化されたハイブリッド型のSCMSソリューションもサポートできる。

 また、今回のSCMSサービスは、今年初めに開催されたOmniAir Consortiumのプラグフェスタで、相互運用試験が複数回行われた。BlackBerryは、Invest Ottawaとのパートナーシップにより、最新のSCMSサービスを使用したBlackBerry初のプロジェクトを予定している。Invest Ottawaは、ミニチュア都市さながらの、全長16kmの安全な自動運転車向けテストトラック内でSCMSを活用する。