ルネサスエレクトロニクス(ルネサス、呉文精社長兼CEO)とBlackBerry(本社・カナダ)は、ルネサスの車載用SoC(System on Chip)「R-Car」向け仮想化ソフトウェアパッケージのための、仮想化・機能安全・セキュリティーのソフトウェア開発環境の提供を10月23日に開始した。これは、両社がBlackBerryのQNXソフトウェアを用いながら、コネクテッドカーに向けた車載情報システムの分野で継続的に協業してきたことに対する成果となる。

 今回提供する開発環境は、ルネサスのR-Carと、BlackBerry QNXソフトウェア開発プラットフォームのSDP 7.0、BlackBerry QNXハイパーバイザー2.0をベースにしており、高い信頼性とコクピットシステムに必要なグラフィックス性能を両立する。特に、この開発環境を採用することで、ユーザーはBlackBerryのマルチメディアやHMIに関する豊富なソフトウェア群を、コクピットのグラフィクス開発に使用できるようになるため、ユーザーエクスペリエンスを向上するコクピットシステムを早期開発が可能となる。

 また、この開発環境は、R-Carのハードウェアがもつ仮想化機能を最大限活用している。このため、機能安全と高度なセキュリティーをR-Car上で両立可能で、クラスタやカーナビ、ディスプレイオーディオなどのシステムをR-Car上で各々独立して動かすことができる。BlackBerry QNXハイパーバイザー2.0上のゲストOSは、Android、Linux、AUTOSARをはじめとするRTOS(Real Time Operating System)に対応可能で、複数のゲストOSで、ディスプレイを安全に共有することもできる。

 現在、こうした信頼性が高い開発環境は、輸送を最適化するConnected Transportationに向けて開発スピードの速さを求める中国などの市場から、特にニーズが高まっており、両社はともにTier1や自動車メーカーに積極的に提案していく。また、両社は今後も、統合コクピットシステムやコネクテッドカー開発を加速し、さらにはADAS(高度運転支援システム)向けソフトウェア開発やECU(電子制御ユニット)の本格的な統合化に向けて、協業を強化していく方針。