ニッセイコム(荻山得哉社長)は1月16日、自社で開発・販売する人事管理システム「GrowOne人事SX」と給与計算システム「GrowOne給与SX」について、現在販売中のオンプレミス型の提供に加え、1月からクラウドサービスによる販売を開始したと発表した。

 GrowOne人事SXとGrowOne給与SXは、ウェブアプリケーション方式であるため、利用者PCへの専用ソフトウェアの導入・設定などは不要で、ウェブブラウザーを使用してインターネット経由で利用することができる。この製品をクラウドサービスで利用することで、利用企業はサーバー・ストレージの初期導入コストを抑えられるとともに、業務量増大に応じてインフラ環境を迅速に強化でき、システムリソースのコストと運用コストを最適化できる。

 クラウドサービスでは、国内有数のデータセンター事業者との提携により、電源環境・物理セキュリティーはもとより、災害対策などに配慮したデータセンターからのサービス提供を行う。また、情報システム基盤は仮想化技術を取り入れており、今後の利用者ニーズの変化や増大に対し、迅速に対応できる構成としている。さらに、実行環境をクラウド上に構築することで、利用企業からの依頼に基づく調査・分析を迅速に行うことが可能となる。

 GrowOne人事SXとGrowOne給与SXは、旧「GrowOne Cube人事/給与」の新バーションとして2018年7月から販売している。GrowOne Cube人事/給与は、中堅企業を中心に累計1500セット以上の販売実績がある。ニッセイコムでは、今回のクラウドサービス提供をはじめ、高機能な情報システムを低コストで安心して活用できるよう、今後もさらなるサービス向上を計画している。