オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、グローバル展開を行う企業の現地会計を支援するクラウド会計システム「勘定奉行クラウド Global Edition」を5月10日に発売した。


 Global Editionは、グローバル展開を行う企業が厳しい競争を勝ち抜くための経営・会計基盤構築を支援することを目的にしたもの。クラウドならではの利便性と自動化で海外現地法人と日本本社の双方向の業務をリアルタイムにつなぎ、常に業績状況を見える化し、積極的な経営判断を可能にする。

 勘定奉行で培った機能性・操作性・信頼性はそのままに、多言語・多通貨・為替換算、付加価値税対応などグローバル企業のニーズを汲み取った機能を標準搭載している。透明性のある海外子会社管理を実現し、現地の導入・運用を支援するサービスも揃えている。また、セキュリティでは世界トップレベルの「Microsoft Azure」を採用し、顧客の大切なデータを守り、安心で安定した業務環境を提供する。

 税別価格は、3ライセンスで年額96万円(月額8万円)。別途初期費用10万円が必要となる。同社では、日系企業への実際の導入プロジェクトから得たノウハウをもとに、勘定奉行クラウド Global Editionの機能・サービス拡充を継続的に取り組み、2019年度末までに100社の導入を目指す。