日本事務器(NJC、田中啓一社長)は5月15日、食産業全体の持続可能性をサポートするサービスとして「fudoloop(フードループ)」の提供を5月28日に開始すると発表した。

 fudoloopは、食のサプライチェーンで需要と供給のバランスが保たれることがキーファクターの1つであると考え、「食産業の生産現場の見える化から始まる持続可能なサプライチェーンの構築」をコンセプトに開発したもの。サービスの名称は、「日本の風と土と、それらによって形成された人とその風土で育った美味しい作物が、これからもずっと持続的に循環し続けるように」という願いを込め、食品(food)と風土(fudo)をかけて、fudoloopと名付けた。
 
画面イメージ:出荷予定報告シーン
 
画面イメージ:入荷予定確認シーン

 まず、第一弾として、生産者と青果卸売業者の販売担当者との取引で、青果物の出荷情報を共有するための「出荷コミュニケーションを中心としたサービス」を青果卸売業者向けに提供する。生産者からの出荷情報と小売業者からの注文数、産地や特色など希望条件を把握し、適正価格で取引することを支援する。

 税別価格は、「人数固定プラン」の月額利用料が生産者ID数×400円、「使った人だけプラン」の月額利用料が当月利用生産者ID数×500円。

 同社では、今後3年間で青果卸売業者を通じての利用を含めて、生産者1万5000人規模での利用を目標にしている。また、fudoloopを通じ食産業にかかわる全てのステークホルダー(生産者・青果卸売業者・小売業者・消費者)が「豊か」になるための「価値」を各ステークホルダーと共創することを目指す。