データ分析基盤の米テラデータ(オリバー・ラッゼスバーガーCEO)が、日本国内でのパートナーエコシステム拡大を加速させている。データセンターサービス事業を展開するグローバル大手の米エクイニクスの日本法人であるエクイニクス・ジャパンや、福岡に本拠を置くクラウドインテグレーターのFusicと協業する。as a Service化に大きく舵を切った同社製品を、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドで幅広く活用できる環境を整えていく。

米テラデータ
オリバー・ラッゼスバーガー
CEO

 両社との協業は、日本テラデータの年次イベント「Teradata Universe Tokyo 2019」に合わせて発表され、米テラデータのラッゼスバーガーCEOも来日して取材に応じた。ラッゼスバーガーCEOは同社が近年、既存の主要製品を統合してリブランドし、次世代アナリティクスプラットフォーム「Teradata Vantage」として提供していることを改めて説明。さらに、提供形態についても「ユーザー企業に答えを出すことに集中してもらうために、コンピュートやストレージのチューニングはテラデータ側が対応するVantage as a Serviceとして、さまざまな環境で提供できるようパートナーエコシステムをグローバルで強化している」とした。

 すでにVantage as a ServiceはAWSのマーケットプレースから利用できるが、エクイニクス・ジャパンやFusicとの協業もその文脈上にある。エクイニクスのデータセンターや各種クラウドサービスとのプライベートな接続機能を活用することで、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドへの対応を強化する。Fusicとの協業では、パブリッククラウドを活用したIoT向け分析システムの構築をユーザーに共同で提案していく。
 
日本テラデータ
高橋倫二
社長

 日本テラデータの高橋倫二社長は、「日本市場はグローバルでも非常に伸びている。売るだけでなく、お客様の答えを導くというところまで寄り添ってビジネスをしていく体制を社内に作るのはもちろん、パートナーとの相乗効果でさらに成長を図っていきたい」と話す。(本多和幸)