フェイスブック ジャパンが、7月1日付で日本経済団体連合会(経団連)に入会した。すでにグーグル、アップル、アマゾンが入会しており、フェイスブックが加わったことで世界の4大IT企業「GAFA」が揃ったことになる。

フェイスブックが経団連に入会

 2008年にFacebookの日本語版を発表してから今年で11年を迎える。このタイミングで経団連に入会することについて、同社の広報は「経団連は日本社会と経済に大きな影響力を持つ、各種政策提言活動や内容もすぐれている団体。経団連のネットワーク、知見を生かし、フェイスブック ジャパンのみでできる範囲を超えた渉外活動を行っていきたい。また、今後さらに日本に根づいたビジネスやサービスを提供するため、加盟企業と情報・意見交換を行いながら日本の社会的課題の解決に貢献していきたい」とコメントを寄せた。

 なお、11年には楽天が経団連の保守的な姿勢や電力政策への違和感を理由に脱会。ネット企業でつくる「新経済連盟」を立ち上げた。現在、一般会員、賛助会員含め525社が入会している。